リハビリテーション学部 作業療法学科

  • 学部案内
  • 食物栄養学部
  • リハビリテーション学部
  • 理学療法学科
  • 作業療法学科
  • 3つのポリシー
  • カリキュラム
  • 先輩・教授の声
  • 就職指導
  • 現場の声
  • 実習提携病院
  • 理学療法士・作業療法士 国家試験合格実績
  • 就職実績
学校案内 資料請求はこちらから!
就職支援システム
就職実績
理学療法士・作業療法士国家試験合格実績

リハビリテーション学部|作業療法学科

作業療法(Occupational Therapy : OT)の作業とは、
日常活動や仕事、趣味、遊びなど人が人として生活していくために必要なあらゆる活動を含んだものです。
それらを「作業活動」と呼び、作業療法では治療や援助の手段としています。
本学科では治療対象者との信頼関係を大切にしながら、物理的・技術的・精神的な面において生活を支えることができる作業療法士の育成をめざしています。 生活に踏み込んで共に物語を描いていく作業療法士へ。

治療対象者の身体的機能の回復だけでなく、いかにしてスムーズに社会や家庭に適応していくか、
障害を抱えながら満足した生活を送ることができるか。それが作業療法の最終的な目標です。
そのため、本学科では治療対象者の生活そのものに踏み込み、共に新しい物語(人生)を描いていける、
生活の質を重視した作業療法のあり方を大切にします。

作業療法士とは身体または精神に障害がある方に対して、自分らしい生活を取り戻していただくために、
諸機能の回復・維持を促すのが作業療法です。

■作業療法の対象となる主な障害

[身体障害]

脳卒中、パーキンソン病、脊髄損傷、手足の骨折・切断などによる身体的な障害

 
[発達障害]

脳性麻痺、精神発達遅滞、自閉症、学習障害など発達期の子どもが持つ障害

[精神障害]

統合失調症、うつ病、ストレス性の疾患、アルコール依存症などの精神面での障害

 
[高齢期障害]

認知症、骨折など加齢によって起こるさまざまな老年期の障害

活躍のフィールド小児や高齢者から精神障害者の施設まで、幅広い分野で作業療法士のニーズが高まっています。
身体障害が対象
●病院
●リハビリテーションセンター
●身体障害者更生施設
●身体障害者福祉施設
●保健所・保健センターほか
精神障害が対象
●精神科病院
●精神保健福祉センター
●精神障がい者
 社会復帰施設ほか
発達障害が対象
●小児病院
●発達障害支援センター
●児童福祉施設
●特別支援学校ほか
高齢期障害が対象
●老人保健施設
●特別養護老人ホーム
●老人デイサービスセンターほか
作業療法士を目指して

1年次から教員たちはそれぞれの授業を通じて、学生たちに国家試験を意識させる指導を行います。
難解な医学用語をわかりやすく解説すると同時に、実際に病院で働く作業療法士の姿を見学する機会を早期に設け、学習に対するモチベーションを高める工夫を実施。
また、学生たちは数名ずつ班分けしたグループ学習に積極的に取り組み、各専門分野の教員たちのきめ細かな目配りの下で各自の弱点強化に取り組みます。
お互いに教え合い、刺激し合い、励まし合うこうしたグループ学習は大きな効果を上げます。