学長・顧問挨拶

ABOUT KNWU

学長挨拶

「食とリハビリ」をグローバルな視点で連動的に捉え、
科学的思考と使命感を持った人材育成を目指します。

学校法人東筑紫学園
九州栄養福祉大学学長
東筑紫短期大学学長
認定こども園 東筑紫短期大学附属幼稚園園長

室井 廣一

PROFILE

昭和46年、拓殖大学政経学部卒業
昭和49年、早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了
東筑紫短期大学教授
学校法人東筑紫学園常務理事・代表理事

 九州栄養福祉大学は食を通して福祉を実現しようという教育理念を持った管理栄養士養成専門大学として平成13年に開学しました。人間の健康で幸福な生活、すなわち福祉を実現する上で最も根源的なものが「食」であり、その「食」を守ることが人間生活の基盤であり社会や国家の礎であるという認識に立ち、その礎となる「食医」「食の番人」的役割を果たす管理栄養士養成を開学以来目指してきました。管理栄養士の国家試験においても第一期生から十二期生まで福岡県内では常に第一位の合格率を上げてきました。九州全体でもほとんどトップの成績を示してきました。
 そういう中、北九州市や地元医師会などからの要請を受け平成16年には我が国で2番目に古い歴史を持つ両科(理学療法・作業療法)併設の「労働福祉事業団・九州リハビリテーション大学校」を継承し専門学校 九州リハビリテーション大学校を開学しました。この大学校や九州労災病院のある足立山は、その昔平安の都づくりをした和気清麻呂公が足を治したという歴史的伝説の地であり、国の「小倉傷痍者訓練所」や日本で初めての基幹病院としての九州労災病院も設立されてきたリハビリの発祥地であります。この地から斯界にはたくさんの人材が巣立っています。おかげ様で今年リハビリテーション学部は開学3年目に、両学科とも国家試験が100%合格を達成しました。
 本学は到来しつつある少子高齢社会の様々な人間福祉の課題に対応するため、この大学校を九州栄養福祉大学と統合しリハビリテーション学部として位置づけこれまでの「食」にリハビリを加えてより一層人々の健康生活を守れる人材養成に取り組みたいと思い、平成23年からは新たな旅立ちとなりました。尚、伝統の九州リハビリテーション大学校名は『日本リハビリテーション発祥地記念館・九州リハビリテーション大学校記念館』としてその名を残すことになりました。
 「食」や予防リハビリを含めた「リハビリ」を通して人々を病気や障害、怪我から未然に守り増大する医療費を抑制することは国家社会全体の重要な課題です。目指すは「食とリハビリ」をグローバルな視点で連動的に捉え、直面する課題に応える科学的思考と使命感を持った人材育成です。管理栄養士、理学療法士、作業療法士の専門領域を踏まえた「健康生活の番人」たる医療人が大切なのです。彼らはいずれ人々の健康で幸福な生活を守る礎となっていくでしょう。我々は到来しつつある前例のない少子高齢社会という社会構造のより強固な人間福祉の礎を築くべく「食とリハビリ」の連携を図り教育の相乗効果の発現を願うものです。

顧問挨拶

豊かな人間性と幅広い視野を有する理学療法士、作業療法士を目指して。

元九州労災病院院長代理
現九州栄養福祉大学
小倉南区キャンパス顧問

土師 正文

PROFILE

昭和49年/九州大学医学部卒業
昭和56年/米国NIH留学
昭和60年/九州大学医学部第三内科助手
平成 5年/九州労災病院糖尿病代謝内科部長
平成11年/九州労災病院副院長
平成27年/九州労災病院院長代理
平成28年/九州労災病院退職

 九州栄養福祉大学リハビリテーション学部の前身、労働福祉事業団九州リハビリテーション大学校は、昭和41年、国の要請を受け我が国2校目の理学療法士、作業療法士養成校として開校し、日本のリハビリテーション医療の先頭に立ってリハビリテーションの概念を全国に広め、我が国のリハビリテーションの歴史を創ってきたと言っても過言ではありません。本校の卒業生は全国の医療機関や教育機関において指導的立場で活躍しており、高く評価されております。平成16年、九州リハビリテーション大学校の理念、教育、伝統はそのまま東筑紫学園専門学校九州リハビリテーション大学校に引き継がれ、平成23年より九州栄養福祉大学リハビリテーション学部として統合、設置されております。
 我が国では、少子高齢化が進み、それに対応すべく医療、介護の提供体制の改革が計画され、リハビリテーション医療の需要も益々増大するものと予測されます。本学部はリハビリテーション医療に必要な高度な知識や技能の修得は勿論のこと、医療人としての豊かな人間性の育成も重要視しております。また、九州栄養福祉大学はリハビリテーション学部と共に、食物栄養学部や大学院健康科学研究科が併設されており、食とリハビリテーションを統合した学識を身に着けた幅広い視野を有する理学療法士、作業療法士として、明日の医療を担う人材が育つものと期待しております。