学部のねらい

ABOUT KNWU

いま求められているのは、
リハビリテーションの大切さを知る管理栄養士と、
食生活の重要性を知る理学・作業療法士です。

食物栄養学部とリハビリテーション学部が併設されることによって、学生たちはこれまで以上の刺激を受けることができます。より幅広い視野を養い、複眼的な思考を身につけることが、卒業後の現場で必ず役立ちます。

食物栄養学部

管理栄養士として
国民の健康生活に貢献しましょう。

食物栄養学部 学部長

大澤 得二

PROFILE

教授 歯学博士(岩手医科大学)博士(理学)(東北大学)
東京教育大学理学部卒、岩手医科大学歯学部助手、講師を経て、平成22年より九州栄養福祉大学教授

 栄養士」の資格を持つ人が、それに加えてさらに取得できる資格が「管理栄養士」です。これは「食」や「栄養」の科学を学び、専門的な「食」や「栄養」の視点から国民の健康生活を支えていこうとする職種です。病気になってしまった方々の栄養を考えていくことはもちろんの事ですが、病気になる前、健康なうちから「食」や「栄養」を科学的にとらえ、国民の病気を予防することができれば大変意義深いことです。そして医療費を削減できれば、国に対して多大な貢献をすることになります。これから大いに発展する職種ですので、志を持った若者を大いに歓迎したいと思います。本学食物栄養学部で学んだ多数の卒業生が、管理栄養士としてすでに各地の行政、病院、施設、学校などで活躍中です。
 また、さらに学問を深めたい方は大学院に進学してください。本学の大学院健康科学研究科は食物栄養学部とリハビリテーション学部の両学部にまたがり、両学部の教員が授業を担当しています。「食」と「リハビリ」を関連させて学識を深めていただくことができる大学院です。大学院の卒業生も、それぞれの専門分野で現在活躍中です。臨床栄養師の資格取得を目指す方は大学院進学がその近道ですので、ぜひ検討してみてください。

リハビリテーション学部

リハビリ(運動や活動)と食のバランスのとれた生活を支援できる療法士を育成します。

リハビリテーション学部 学部長

髙橋 精一郎

PROFILE

教授 医学博士
労働福祉事業団九州リハビリテーション大学校を卒業後、山口大学大学院医学研究科において博士課程を修了。
平成25年3月まで国際医療福祉大学福岡リハビリテーション学部ならびに大学院で教授を務め、平成25年4月より本学の教授に就任。

 障がいを持っても高齢になっても、毎日を健康に過ごすことは全ての人の願いです。障がいがあるから健康ではない、ということはありません。残された機能を最大限に活用しようとする気持ちが充実し、体力が蓄えられていることも健康であるための因子です。
 障がいを持った患者さんの健康を保つには「運動」だけでなく活動の基となる「食」も大切です。食と運動が結びつくことで日常生活ができるのです。当学部では主に「運動」と「健康」の関係を勉強し、「健康の番人」としての理学療法士・作業療法士の育成を目指しています。健康を取り戻すだけではなく、健康を失わないように予防する、という役割も含まれます。併せて、患者さんに寄り添い、患者さんの気持ちに共感しながら支援できる豊かな人間性と高度な専門知識や技術を持った医療職を送り出すことを目標にしています。
 今年は日本リハビリテーション発祥地記念館が開館します。70年になろうとするリハの医療ならびに教育の歴史に触れながら新しいリハを考える環境がスタートします。この環境の中で多くのものを学んでほしいと思っています。