入試Q&A

ADMISSION

  • 試験会場について教えてください。

    全ての入試を北区キャンパスで実施します。推薦入試は沖縄会場でも実施します。
    また、一般入試(試験入学)は本学以外に福岡、大分、宮崎、鹿児島でも実施します。
    各会場のアクセスはホームページの入試情報ページの「試験会場案内」、または募集要項でご確認ください。

  • 試験会場の下見はできますか。会場によって有利・不利はありますか。

    本学の北区キャンパスは下見ができます。ただし、入試前日より建物の中や教室に入ることはできません。
    学外試験会場は下見ができません。また、どの試験会場においても同一問題・条件で実施しますので試験会場による有利・不利もありません。

  • 保護者などの付添者の待合場所のような部屋はありますか。

    あります。北区キャンパスの学生ホールは待合場所として利用できます。

  • 受験票が届かない場合はどうすればいいですか。

    届かない場合は教務課 入試係までお問い合わせください。

  • 試験日当日食堂の利用は可能ですか。  

    学生食堂は営業していません。

  • 受験生に宿泊施設は紹介してもらえますか。

    北区キャンパスで受験する方には近隣の宿泊施設を紹介しています。詳しくは募集要項でご確認ください。

  • 調査書は3年生の成績だけが評価対象となるのですか。

    調査書は3学期制の高校では1年生1学期から3年生1学期まで、2学期制の高校では1年生前期から3年生前期までの成績が評価対象となります。

  • 調査書の交付が受けられない場合はどうしたらいいですか。

    高等学校卒業程度認定試験合格者は、文部科学省発行の合格証明書および合格成績証明書を、高等学校における指導要録の保存期間および廃校・被災その他の事情により調査書の提出が出来ない方は、卒業証明書および成績証明書を提出してください

  • 過去問題の入手方法を教えてください。

    ホームページの資料請求より「過去問題集」の入った資料セットをご請求いただくか、本学教務課入試係までお問合せください。複数年分希望の方も本学教務課入試係までお問合せください。

  • 推薦入試について教えてください。

    推薦入試は、公募制推薦・指定校制推薦・併設校推薦の3つがあります。
    公募制推薦は指定校制推薦とは異なり、出願基準を満たしている現役と一浪の方はどなたでも受験できます。
    指定校制推薦は、推薦入試募集人員の一部のみを設定しています。該当校には本学より指定校制の推薦の依頼を行っております。試験はいづれも調査書と小論文、面接を総合評価して合否を判定しています。

  • 推薦入試の面接はどのように行われますか。

    面接は、受験生4~5名に対して3名の面接者で行います。提出書類に基づき、本学の建学の精神や志望学科への適応性など多角的に質疑を行います。

  • 試験科目が選択制になっている一般入試(試験入学)や大学入試センター試験利用入試は科目の選択はいつ行うのですか。

    出願時に行います。一度、登録した科目を変更することはできません。

  • 一般入試(試験入学)と大学入試センター試験利用入試は併願できますか。

    併願ができます。

  • 大学試験センター試験利用入試の入試科目や判定方法について教えてください。

    本学での個別学力試験は実施しません。受験した「大学入試センター試験」の教科・科目の中から出願時に登録した教科・科目で判定します。指定科目は「大学入試センター試験利用試験入学」を ご覧ください。

  • 大学入試センター試験利用入試の成績を知ることはできますか。

    大学入試センター試験の成績は、本学から受験生にお教えすることはできません。

  • 推薦入試で不合格になった場合、一般入試(試験入学)や大学試験センター利用入試、一般入試(試験入学)・大学試験センター利用入試の併願などの受験はできますか。

    受験できます。改めて出願手続きを行ってください。

  • 第2志望を申請することはできますか。

    一般入試(試験入学)では、リハビリテーション学部のみ第2志望を申請することができます。ただし、第1志望学科不合格の場合のみ第2志望で合格となることがあります。また食物栄養学部(食物栄養学科)が第1志望でリハビリテーション学部が第2志望の場合やその逆での学部をまたいでの申請はできません。
    大学入試センター試験利用入試での第2志望は申請できません。

  • 補欠合格・追加合格はありますか。

    一般入試(試験入学)では合格者の入学手続の結果、欠員が生じたときに限り追加合格を出すことがあります。ただし、「補欠」の通知があった方が対象です(合格発表日に郵送で発送します)。
    追加合格通知日に電話により該当者へ連絡します。なお、追加合格者の発表は行いません。また電話等でのお問い合わせにも一切応じられません。

  • 入学手続き後、入学を辞退したいのですがどうしたらいいですか。

    やむをえず入学を辞退される場合は、提出期限は平成31年3月30日(土)必着といたします。
    「入学辞退・前期学費返還申出書」を提出されれば前期学費を返還を致します。
    「入学辞退・前期学費返還申出書」の請求や提出期限などの詳細は、教務課入試係までお問い合わせください。

  • 入学金などの借入はできますか。

    本学からの貸付制度はありませんが、国の機関や民間の銀行等貸付制度があるようです。詳細はそれぞれの 機関にお問い合わせください。
    (日本学生支援機構では、進学前に奨学金の予約採用申込みがあります。手続き等の詳細については現在通学している学校へお問い合わせください)

  • 障害を有していますが、受験上の配慮について相談できますか。

    身体に何らかの障害があり、受験および修学に配慮を必要とする場合は出願前に教務課入試係までお問い合わせください。

  • 社会人入試(入学)の出願にあたって事前に行う手続きはありますか。

    特にありません。ただし、出願資格が高等学校を卒業または大学入学資格を有して、就業経験が2年以上の社会人となっています。また、提出書類として入学願書、調査書のほかに最終学校の卒業証明書・成績証明書、略歴書が必要になります。詳しくは募集要項をご覧いただくか、教務課入試係までお問い合わせください。

  • 外国人留学生を対象とした入試はありますか。

    外国人留学生を対象とした入試はありませんが、本学が定める出願資格(条件)に該当される方はどなたでも受験が可能です。ただし、入学後は日本人の学生たちと一緒に日本語で授業を受けなければなりませんので、授業に支障のない十分な日本語能力が必要になります。
    出願を希望する方は、事前に教務課入試係までお問い合わせください。

  • 編入学試験について教えてください。

    九州栄養福祉大学・食物栄養学部の3学年に編入する試験です。栄養士免許を取得済みまたは取得見込みの方に出願資格があります。年2回の試験があり、科目試験(栄養と健康)、小論文、面接を総合評価して合否を判定します。定員枠は10名です。併設の東筑紫短期大学の学生は入学金が半額免除されるため受験することが多いですが、出願資格を有している方であればどなたでも受験できます。
    詳しくは「編入学試験」の募集要項をご覧いただくか、教務課入試係までお問い合わせください。