ブックリレー「私の一冊」 Book relay

HOME / ブックリレー「私の一冊」

2022.02.10
民を思い、組織を思い、国を思った上杉鷹山 小説 上杉鷹山

タイトル 小説 上杉鷹山

  • 著者名
    童門 冬二
  • 出版年
    2014年
  • 出版社
    集英社
上杉鷹山は、江戸時代、米沢藩の傾いた財政を立て直すべく、改革に乗り出した人物。武士の面子や体裁ではなく、民の幸せのために自ら率先して改革を進めました。
優れたリーダーとは「この人のために働きたい」と思わせる仁徳を持つ人と言えます。まさに老若男女を問わず、誰でも一度は読んで欲しい一冊!「為せば成る、為さねば成らぬ、何事も。成らぬは人の、為さぬなりけり」…そんな言葉を残した名君の改革を是非ご覧ください。
 

本の推薦者

食物栄養学部 教授 竹並 正宏 たけなみ まさひろ
pagetop