医療人として必要な、
能力と人間性を育む

ゼミナール

ピックアップゼミ

「ゼミ」とは、通常の講義とは違い、学生たちが自主的に学習・研究・発表を行う少人数制の授業。
興味のある分野やテーマを自分で選んで参加できる大学ならではの授業です。
有意義な大学生活には欠かせないゼミ!九栄大には、個性豊かな教授のもと、興味深いゼミが満載です。

※下記のゼミは、2018年度のゼミ風景です。

四元ゼミ 作業療法学科 四元 孝道先生

ゼミテーマ:「高次脳機能障害、IoT推進、リハディバイス機器開発」

高次脳機能における最良な作業療法の研究を通して
自ら問題点を見つけ出し主体的に解決する力を身につける

脳卒中や認知症、交通事故などの病気や事故により高次脳機能である記憶や注意などに少なからず影響を及ぼすことがあります。本ゼミではそのような高次脳機能に焦点を当て、その障害の改善や日常生活を行いやすくするために最良な作業療法の研究をしています。
また、北九州市はロボットの国家戦略特区に指定されていることもあり、学外の機関・大学・病院等と連携しながら、リハビリテーションに繋がるロボット開発にも力をいれています。

四元ゼミのポイント

作業療法士として現場に出た際に患者さんに貢献できるように、自ら問題点を見つけ出し主体的に解決できるような取り組みをしています。また、学外での他機関との共同研究にもボランティアとして参加することができ、学内の実習だけでない実践の場をいち早く体験することができます。
当ゼミは、学年を越えた学生間の交流があり、学生同士が相談し合える風通しの良さがあります。ゼミ中はディスカッションや研究に真剣に打ち込める、メリハリのある雰囲気です。

生徒からのメッセージ

国家試験の合格を目指し、日々勉強。
ゼミではみんなで楽しく研究に取り組んでいます!

初めての研究だったので分からないことばかりで不安もありましたが、終わった今は達成感があります。
何でもこつこつ取り組む性格なので、長期実習や国家試験に向けての勉強を日々取り組んでいます。どちらも合格できるように頑張ります!

佛生 沙也香さん 兵庫県立
豊岡高等学校出身
四元ゼミを選んだきっかけは?
学生のチャレンジしたい!という気持ちを大切にしてくれて、「こういうこともやってみたら?」とたくさんアドバイスをくれる先生だから、四元ゼミを選びました。
四元ゼミの魅力は?
先生は学外と連携した研究を行っていて、それらで使う専門的な特殊な機器を使って研究ができるところが他のゼミとは違った魅力だと思います。
四元先生はどんな人?
疑問に思ったことに対して真剣に答えてくれます。特に患者さんのためになる研究に対してはとても熱心な先生です。
四元ゼミの雰囲気は?
いつも明るい雰囲気で笑顔が絶えない雰囲気です。先生も含めてみんなで楽しく研究に取り組んでいます。

Teacher's Message

受験生の方へ
作業療法士の資格を取ることはゴールではなく、セラピストとしてのスタートです。在学中はコツコツと一緒に勉強しましょう。そして大学はたくさんの出会いがある場所です。遊びも勉強も積極的に、いろいろな人生経験を積んで作業療法に活かせるようにしてください。
准教授 四元 孝道
学 位:修士(保健学)
専門分野:身体障害作業療法

本学部は理学療法士・作業療法士を養成する学校では、日本で2番目に古い歴史をもつ九州リハビリテーション大学校からその伝統を継承しています。この伝統と日本のリハビリテーションの発展に尽力された先輩方の熱い気持ちを伝えられるように心がけて、日々授業を行っています。

宮田ゼミ 作業療法学科 宮田浩紀先生

ゼミテーマ:「精神的ストレスと作業活動 姿勢変化による上肢機能への影響など」

臨床現場に出てから役に立つ文献を読み解く力・
目標に向かって真摯に取り組む力を身につける

興味のある分野やテーマを自ら探し出し、ゼミ生と協力して目標に向かって真摯に取り組むことを大切にしています。また、臨床現場に出てからも知識や技術を深め成長し現場に貢献していくために、文献を読むことを習慣化できるよう学生に教えています。

宮田ゼミのポイント

学生同士がゼミの活動を通して、更に仲良くなることができます。また、地域の健康教室に参加して実習前の評価練習やコミュニケーションの練習ができるため、卒業後に現場に出てから役に立つ実践力を学生のうちから身につけることができます。
ゼミの雰囲気は、いつも明るく笑いが絶えない活発な印象です。但し、ディベートや論文の発表の際は、みんな真剣モードで、そういったメリハリもありとても良い雰囲気のゼミです。

生徒からのメッセージ

認知症のお年寄りを支える作業療法士になれるよう、 ゼミの仲間と一緒に研究に取り組んでいます!

昔からお年寄りと関わることが好きで、将来は認知症の分野に進みたいと考えています。
現在も大学のゼミ活動の中で認知症に関する研究に熱心に取り組んでいます!困っている相手に寄り添うことができる作業療法士になりたいです。

泉 由希穂さん 九州国際大学付属
高等学校(福岡県)
出身
宮田先生はどんな先生?
先生としての厳しい面ももちろんありますが、いつも学生の立場になって親身に相談にのってくださいます。学習面だけでなく、人生の先輩としていつも良いアドバイスを頂いています。
宮田ゼミの魅力は?
自分の興味のある分野をとことん突き詰めて、研究することができます。個人研究ではありますが、ゼミ生として皆の研究を協力して作り上げています。研究は大学生活の醍醐味であり、大変なことも多いですが、アットホームな雰囲気で頑張っています。
宮田ゼミを選んだきっかけは?
先生の行っている研究が、将来自分が進みたいと考えている認知症の分野と方向性が近く、興味があったからです。
ゼミで印象に残っていることは?
研究のテーマ決めをした際に、個人研究にも関わらず皆の決めた方向性に、共通する部分がありました。各々で調べて考えて導き出したことですが、それぞれの研究に活かせると分かり、作業療法の世界はとても奥深いなと思いました。

Teacher's Message

受験生の方へ
研究は決してひとりではできません。ゼミの仲間と協力して一緒に作り上げていく過程を楽しみましょう。
助 教 宮田 浩紀
学 位:修士(健康保健学)
専門分野:身体障害作業療法、日常生活活動法

臨床経験をできるだけわかりやすく学生に伝え、教科書と臨床症状が一致できるような指導を心がけています。また、先輩の作業療法士としても、作業療法の魅力や楽しみを多く発信していきたいと思います。