リハビリテーション学部

REHABILITATION

理学療法学科

3つのポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

本学科は、リハビリテーションを通して福祉を実現し、健康生活の番人を目指す理学療法士の育成を目的としています。
よって、以下のような学生を求めています。

  • 1. 本学の建学の精神・教育理念、本学の教育目標に賛同する人
  • 2. リハビリテーションを通して「健康生活の番人」を目指す人
  • 3. 人と関わることが好きで、他者への思いやりと共感性、協調性を備えた人
  • 4. 明確な目的意識を持ち、それに向かって継続的に自己研鑽することができる人

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

  • 1. 「勇気・親和・愛・知性」の調和のとれた人間性を養うために様々な基礎教養科目ならびに行事教育を取り入れる
  • 2. 専門科目として疾病や障害に対する理学療法に加えて、「トレーニング科学」や「生活環境支援論」などを設置し、健康増進、障害予防、福祉住環境整備や障害者スポーツの幅広い分野の科目を配置する
  • 3. 「臨床実習Ⅰ~Ⅳ」では、学内での「理学療法評価学」や「理学療法治療学」「地域理学療法学」などの理学療法専門科目群と臨床施設での臨床実習を有機的に結び付ける
  • 4. 科学的・論理的思考能力を養うために、「情報処理演習Ⅰ・Ⅱ」や「臨床統計」「理学療法研究法演習」において臨床データの取り扱い方や統計学的分析方法等の科目を設置する

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

  • 1.建学の精神に基づく高い倫理観と豊かな人間性(勇気・親和・愛・知性)を身につけている
  • 2.理学療法に必要な医学的基礎知識を修得し、専門的知識と技術を有している
  • 3.保健・医療・福祉の領域において、理学療法の科学性と専門的創造性を発揮して人々の健康生活に貢献する力を身につけている
  • 4.自らの専門領域における課題や問題解決のために、調査・研究を通して、 理学療法の発展に努める意欲を有している