リハビリテーション学部

REHABILITATION

理学療法学科

在学生の声

STUDENT VOICE01

理学療法学科 1年河野 公香
大分県立別府鶴見丘高等学校出身

九州栄養福祉大学は歴史が古く、国家試験の合格率や就職率の高さにも惹かれました。

理学療法士を目指したキッカケは何ですか?

自分の将来について、家族と話をした時に、「今後ますます高齢化が進む日本で、人や社会の役に立つ仕事がしたい」という結論にいたりました。介護・福祉・医療と、高齢化社会に貢献できる仕事はいろいろありますが、私は特に理学療法士に興味を持ちました。そこで実際に、理学療法士が働く現場を見学しました。科学的な根拠に基づいて、それぞれの症状に応じた効果的なリハビリを行い、患者さんの機能を回復させていく理学療法士。リハビリを通じて患者さんがどんどん明るく活動的になり、笑顔を取り戻していく姿を見て、私もこんな風に人を支える仕事がしたいと思いました。

九州栄養福祉大学を選んだ理由は何ですか?

専門学校でも理学療法士の資格は取れますが、私は大学に進学したかったので、この学校を選びました。専門学校では卒業後の学位は「専門士」ですが、大学なら「学士」の学位が取得できます。中でも、九州栄養福祉大学は歴史が古く、国家試験の合格率や就職率の高さにも惹かれました。また県外からの進学だったので、充実した大学生活を送るため、大学内の施設や学生寮などが充実していることも、決め手になりました。
地元の地域社会に貢献したいという想いがあるので、将来は大分で就職し、自分の身体に不自由を感じている患者さんに、元気を与えられるような理学療法士になりたいです。

未来の後輩へメッセージをお願いします。

新生活を送るにあたって、不安なこともあると思いますが、ここにはたくさんの優しい先輩や先生方がいるので、安心して来て下さい。もし、勉強や学校生活のどこかでつまずくことがあっても、担任の先生やまわりの人たちが必ず相談に乗ってくれるので、すぐに解決できると思います。同じ理学療法士を目指すもの同士、がんばりましょう!

STUDENT VOICE02

理学療法学科 1年寺原 彰人
宮崎県立日向高等学校出身

サークル活動や学校行事を通じて、学科や学年を問わず生徒や先輩と交流する機会も多く、とても雰囲気がいいです。

九州栄養福祉大学に入学した理由を教えて下さい。

地元の宮崎には、理学療法士になるための大学がなく、他県も視野に入れて学校探しをしたところ、九州栄養福祉大学に出会いました。理学療法・作業療法の両科併設の養成校として、日本で2番目に古い、伝統のある学校です。特に両科がある南区キャンパスは、日本のリハビリテーション発祥の地と言われており、他の大学にはない特色を感じました。
実際にオープンキャンパスで学校を見学した時も、先生と生徒の距離がとても近く、先輩たちが優しく接してくれました。ここならきっと楽しく学べると確信し、入学を決意しました。

福岡での新生活はいかがですか?

宮崎を離れ、誰も知り合いのいない場所で暮らすことに、最初は不安でいっぱいでしたが、寮に入ったおかげで入学前から友達が何人もできました。寮では学年の違う学生たちが共同生活をしているので、先輩たちに勉強やテストのことなどでわからないことはすぐに質問でき、非常にありがたかったです。また、毎日栄養バランスの整った食事が出てきますし、門限などもあるため、規則正しい生活が送れます。
サークル活動や学校行事を通じて、学科や学年を問わず生徒や先輩と交流する機会も多く、とても雰囲気がいいです。授業は真剣に取り組み、遊ぶ時は遊ぶ!メリハリのある、充実した大学生活です。

未来の後輩へメッセージをお願いします。

歴史ある学校で学べることはとても誇らしいことであり、理学療法士・作業療法士は人に役に立つ、とてもやりがいのある仕事です。将来の医療従事者として成長できる環境は整っていますので、一緒に楽しい大学生活を送り、夢に向かってがんばりましょう!

STUDENT VOICE03

理学療法学科 3年田中 勇樹
福岡県立光陵高等学校出身

大学では珍しいクラス担任制で、担任の先生が常にクラス全体のことを把握してくれています。

九州栄養福祉大学に入学したキッカケは何ですか?

先輩が、この大学に通っていて「とてもいい学校だ」と誘われたのがキッカケです。正直、入学前は理学療法士について、特別に強い興味を持っていたわけではなく、ただ「国家資格が取れれば、手に職がつく」という考えでした。
しかし入学して、考え方がまったく変わりました。今は、リハビリの技術やたくさんの知識を得て、早く一人前の理学療法士として人の役に立ちたいと思っています。同じ目標を持った生徒ばかりで刺激を受けますし、先生方も医療従事者になるという責任について、よく話をしてくれます。そういう環境のおかげで、自分の職業意識も変わってきました。

好きな先生や授業、クラスの雰囲気を教えてください。

私は呼吸器について特に関心があるので、内部障害系理学療法の授業が好きでした。生徒が授業を選択できる「理学療法ゼミナール」も、各分野にわかれているので、自分の好きな分野を追求できて楽しいです。特に2年の時にゼミでお世話になった髙橋先生は、講義がとてもわかりやすく、いつも優しく接してくれて、大好きでした。他にも、2年生の後期の授業を受け持っている先生方も人気でしたし…好きな先生を挙げれば、キリがありません!大学では珍しいクラス担任制で、担任の先生が常にクラス全体のことを把握してくれています。グループ授業の時など、男子も女子もよく話しあっていて、とても雰囲気のいいクラスだと思います。

未来の後輩へメッセージをお願いします。

密度の濃い授業が受けられ、優しい先輩たちに囲まれ、非常に恵まれた環境です。せっかくの大学生活ですから、バイトやサークルなど、いろいろなことにチャレンジしてみて下さい。私も1年生の時に、もっと旅行に行っておけばよかったと、今少し思っています。

STUDENT VOICE04

理学療法学科 1年藤本 佳恋
山口県立厚狭高等学校出身

先生方は、勉強だけでなく、将来の進路や私生活についても、親身に相談に乗ってくれ、充実した大学生活を送ることができます。

理学療法士を目指した理由、九州栄養福祉大学を選んだ理由は?

病院の体験学習に参加したことが、理学療法士を目指したキッカケです。患者さんに寄り添って一緒にがんばっている姿に惹かれ、私も将来はこんな仕事がしたいと憧れました。
九州栄養福祉大学を選んだ理由は、オープンキャンパスで聴いた講義です。理学療法士として働くことは、楽しいことや面白いことだけでなく、厳しさや辛さもあるという話を聞いて、とても感銘を受けました。裏表なく、真摯に仕事について話して下さって、ここなら実践力が身に付く授業を受けられると感じました。

入学する前と入学した後、大学生活のイメージは変わりましたか?

入学して驚いたのは、意外に自由な時間が多いことです。授業が入っていない時間は、友達とおしゃべりしたり、一緒に課題をしたり、お買い物に行ったりと、自分のしたいことができるので、毎日とても充実しています。
入学前はなじめるか心配だった寮生活も楽しいです。優しい先輩、毎日見守ってくれる寮母さん、美味しくて栄養満点の食事。色々な人たちに支えられ、元気にがんばれています。
授業については、専門知識などが入ってくるので、ついていけるか不安でしたが、先生方が一から丁寧に教えてくれるので、安心して勉強に取り組めます。授業中はもちろん、授業以外の時間でも、理解できなかったところを質問すると、わかりやすく答えてくれます。

未来の後輩へメッセージをお願いします。

私はこの大学に入学して、理学療法士になりたいという想いが、より強くなりました。先生方は、勉強だけでなく、将来の進路や私生活についても、親身に相談に乗ってくれ、充実した大学生活を送ることができます。理学療法士を目指している方は、ぜひ九州栄養福祉大学で、一緒にがんばりましょう。

STUDENT VOICE05

理学療法学科 1年平野 綾乃
佐賀県立武雄高等学校出身

他の大学ではあまりないクラス担任制なので、先生との距離も近く、何かあれば気軽に相談できるところが心強いです。

入学して、学校や先生に対して、どのような感想を持ちましたか?

どの先生も熱心で、将来、医療従事者になるということの責任とやりがい教えてくれます。他の大学ではあまりないクラス担任制なので、先生との距離も近く、何かあれば気軽に相談できるところが心強いです。
また、広いキャンパスを利用した園芸コーナーがあり、理学療法士だけでなく、園芸療法士の資格にもチャレンジできることも魅力!自然と触れ合い、人を癒すことにとてもやりがいを感じています。年間を通じてたくさんの行事があり、充実した大学生活が送れます。

学生生活について教えて下さい。

地元が離れているので一人暮らしをしています。実ははじめはホームシックになってしまって、卒業までの4年間、きちんとやり遂げられるのか、不安でいっぱいでした。日々の食事やお金の管理、掃除、洗濯…と、生活面で大変なことが多くあり、改めて親のありがたさを実感しました。今では家事や家計管理にも少しずつ慣れてきて、すっかり自由な大学生活を満喫しています。親への感謝と、一人で生活することへの責任感が身に付き、精神的にも大人になったと思います。

未来の後輩へメッセージをお願いします。

私は人見知りな性格を克服したくて、あえて知り合いのいない、遠方の大学に進学を決めました。こんな私もすぐに多くの友達ができ、今では理学療法学科だけでなく、他学科の人たちとも仲良しです。とてもあたたかい学校ですので、皆さんもきっと、ステキなキャンパスライフが送れると思います。

STUDENT VOICE06

理学療法学科 3年友田 翔
山口県立豊浦高等学校出身

将来は整形外科の分野に進み、アスリートやアーティストが、ケガに負けずいつまでも活躍できるように支えられる理学療法士になりたいです。

理学療法士を目指した理由を教えて下さい。

医療系の道に進みたいという想いは昔からあって、入学前から知り合いの理学療法士に話を聞いたりもしていました。部活でずっとサッカーをやっていて、自分自身や友人のケガなども経験したので、整形外科の分野には特に興味があります。将来は整形外科の分野に進み、アスリートやアーティストが、ケガに負けずいつまでも活躍できるように支えられる理学療法士になりたいです。また外国語に対して苦手意識がないところも、自分の強みの一つだと思っているので、例えば海外の選手のケアも行う施設など、長所を活かせる職場で働ければと思います。

プライベートと学業との両立はいかがですか?

大学でもサッカーのサークルに入り、授業の後や土日を使ってアルバイトもしています。サークルとバイト、学業を両立させるために、大変なのは時間配分。最初はうまく時間を使えず、生活リズムが崩れてしまったこともありましたが、今はずいぶんと、この生活に慣れてきました。本業である学業を一番大切にしたいので、空いている時間を上手く使って勉強するようにしています。自分に合った時間の使い方と生活習慣を見つけることができれば、学業と両立しながら、サークルやバイトにもチャレンジでき、充実した大学生活を送れます。

未来の後輩へメッセージをお願いします。

まずは自分がどんな理学療法士になりたいか、理想を明確にしておくと、勉強へのモチベーションが上がります。将来の夢をかなえるために重要な科目など、自然と興味がわき、知識が頭に入りやすくなります。一年次から重要な科目がありますので、早めに目標を設定し、集中して授業にのぞんで下さい。